日本人は誇り高い伝統的な美しさをたくさん持っており、その一つは日本の伝統的なスポーツです。これらのスポーツは、日本人が運動する方法であるだけでなく、日本の文化と古代から現代までの人々の美しさに対する親和性でもあります。

相撲

相撲-日本が誇る伝統的なスポーツ
相撲-日本が誇る伝統的なスポーツ

おそらく、日本の伝統的なスポーツに言及すると、人々は相撲をすぐに考えるでしょう。相撲は日本の文化に深く根ざしており、1,500年以上の歴史があります。日本の伝説によると、最初の日本人が生まれ、神々の相撲の試合を生き延びたため、相撲は神道の儀式と見なされます。相撲は次第に成長し、昇る太陽の土地でプロスポーツになりましたが、塩の使用からラウンドのクリーニングまで、神道の儀式の多くはまだ存在し、維持しています。競技エリアの屋根には、祭壇のように設計されています。相撲大会は、東京、大阪、名古屋、福岡で隔月開催され、日本の伝統的なスポーツを愛する人たちにとって素晴らしい活動です。

剣道

伝統的な日本のスポーツ 2

現代の剣道の練習は、日本刀の長い伝統から始まりました。12世紀半ばから、武士は1868年の明治天皇の改革まで700年にわたり日本を支配していた強力な社会的勢力でした。剣はもつれた時代の主要な武器の1つでした。このレース、したがって剣道は日本で最も古い武道の一つと考えられています。

剣道は、強さ、スキル、勇気の混合物と考えられています。他の伝統的な日本のスポーツと同様に、剣道は忠誠心、尊厳、冷静さ、寛容さのような日本人の深い人間的価値を強調しています。

今日、剣道の剣は竹に置き換えられ、厚い保護鞘が装備されています。剣道は、すべての参加者に人気のあるスポーツにもなっています。

空手

伝統的な日本のスポーツ 3
空手-皆のための武道

歴史的に、空手は日本の伝統的な武道とは見なされていませんが、この武道が体系化され世界中で栄えたのは桜の国からです。

空手はもともと中国のカンフーに由来し、地元の沖縄人の武術(テと呼ばれる)と組み合わされています。武道は、糸須安子が体育の目的で公立学校で教え始めた後にのみ普及しました。

今日、世界空手連盟の誕生に伴い、1億人以上が空手を練習しており、多くの国際スポーツ会議にも空手が参加しています。

合気道

伝統的な日本のスポーツ 4

合気道は「調和の道」と呼ばれることもあります。これは攻撃者の力とエネルギーをそらすことで防御に焦点を合わせているため、攻撃性の低い武道であり、攻撃者自身も攻撃者も傷つけられない理想的な結果です。害。

合気道は、1920年代に植芝盛平によって設立され、紀伊半島の南に位置する田辺で生まれました。これは、京都と大阪の南にある人里離れた美しい地域であり、非常に重要な場所です。合気道の精神は、日本のダンス、神道、仏教、空手、剣道の組み合わせとして認識されています。

柔道

柔道-日本の武道の誇り
柔道-日本の武道の誇り

日本の伝統的なスポーツの中で、柔道はおそらく世界で最も成功しているでしょう。この格闘技の核となるのは、スピード、繊細さ、対戦相手を使用する能力、および対戦相手の強さです。

柔道は、エンターテイメントとプロフェッショナリズムの両方のために多くの人々によって実践されています。柔道は「穏やかな道」を意味し、1882年に狩野治五郎によって作成されました。柔術が人間に対する危険で脆弱な攻撃と戦う武術であることを研究し、認識した後、治五郎ソフトスキルの暴力の要素を取り除き、柔道を作成する方法を考えました-体育と若い人たちのための規律と騎士道を訓練する良い方法を持つ武道。

特に、次五郎は技術開発に焦点を当てただけでなく、日本の伝統文化の要素をこの武道に取り入れました。典型的には、柔道の儀式上の敬意を表す敬礼です。

伝統的な日本のスポーツは、常に太陽が昇る国の文化と見なされ、日本の人々と伝統を尊重することに貢献しています。

 

ソース:収集品

In this article