日本人について言及することは、仕事だけでなく日常生活においても、真剣さと厳格さを指していることに注意してください。それは国の成功の大きな秘密です。国は資源が乏しく、この天気では人気がありません。
日本人は常に自分自身に対して非常に厳しいので、彼らと一緒に働く人々には比較的高い要件があります。したがって、日本で勉強しようとする若者にとって、これらの特徴をポケットに入れることは非常に重要です。日本人とのコミュニケーションと仕事の中で、日本で勉強しましょう!

1.他者への敬意
日本人の伝統の1つは、他者、特に高齢者にお辞儀をすることです。日本人は常に前任者からの学習経験や知識を重視しているためです。 。おそらく多くの国で、この行為は日本で劣等感、自信の欠如を示すと言われています、最初に言うことはあなたの謙虚さと他人への敬意を示すことです。

2.常に時間通りに
日本人は、ビジネスや仕事の予約から友人との親密なミーティングまで、あらゆる状況で常に時間通りにいます。数分遅れて到着しても大丈夫だと思っているベトナム人とは異なり、日本人は数分早く到着するか時間通りに到着します。これは、日本人がパートナー、同僚、友人に対して尊敬していることを示しています。
遅れることはあなたの自己価値を高めると思い込まないでください。それは他者への敬意の欠如を示します。1つ覚えておいてください。他人から尊敬されたい場合は、他人を尊重してください。

3.名刺
の尊重日本人は、時間厳守だけでなく、名刺の受け取り方法や保存方法など、多くの行動や行動を通じて他者への敬意を示しています。誰かから名刺を受け取ると、日本人はそれを手で受け取り、しゃがみこみ、笑います。その後、彼らはカードを無邪気にではなく注意深く読み、箱に保管するか、清潔に保ちます。

4.決して「ノー」と言う
ことは、これは日本人に対する尊敬の行為でもあります。嫌いな問題について公然と拒否することを好む西洋人とは異なり、東洋人にとっては、この行動は他の人を怒らせたり、他人を傷つけたりすることさえ容易です。日本人は、答えを出す前に、他人の要求や提案に注意深く耳を傾けます。彼らは辞退したいが、発言者の不快感を最小限に抑えるために発話の量を減らす方法も見つけます。

5.職場での感情的なジェスチャーはありません
西部のオフィスやベトナムなどのアジア諸国では、同僚がジョークを宣伝したり話したりすることがよくあります。日本では不可能です。仕事では、日本人はいつも冷静な顔をしており、低い、低い、簡潔なリズムで話します。ゴシップや無関係な問題について話します。彼らが目を閉じているのを見ることがありますが、彼らが退屈していると誤解するのを急がないでください、これは彼らが反対に注意を払いたいときの行動です!

6.仕事と私生活の分離
働くとき、日本人は常に非常に深刻です。そして仕事の後、彼らは自分の人生も真剣に受け止めます。つまり、仕事から残された感情を忘れます。彼らは仕事でのプレッシャーについて考えることなく、楽しく遊びます。そのため、彼らの心は完全にリラックスしてリラックスします。
ですから、2人の同僚が勤務時間中に意見の相違を持っていることは珍しくありませんが、仕事の後、彼らは笑って楽しく話すことができます。意見の相違を続けます。

7.すべての関係の世話をする
通常、誰かに連絡するよう依頼する仕事がある場合にのみ、通常の時間は非常に表面的です。日本人はそうではありません。直接予約する、電話で電話する、忙しすぎる場合は電子メールで連絡するなど、常に関係を維持することに注意を払っています。これを行うことも敬意を表する方法です。この日本の生活原則を覚えておいてください。関係を長く忘れないでください。将来誰かからの助けが必要になります。ずっと簡単でした。

上記は、日常生活とコミュニケーションにおける日本人の特徴について注意すべき点です。日本人と仕事をするときに間違いをしないように注意してください!

In this article